自然素材を扱う店舗などで商品の展示棚として版築を作らせて頂いております。

版築の制作

施工例 ギャラリー
版築の原料制作

版築とは、 砂、砂利、沈泥、粘土などを混ぜたものを、型枠の中に流し込み突き固めて作る施工をいいます。 日本では古くから版築が使われており、奈良の法隆寺の築地塀なども、版築工法が使われております。 圧縮して作るため、非常に丈夫なことで知られてる版築ですが、現在の版築工法では、セメントを混ぜ合わせ、シーリングを施すことで、さらに強度と耐久性を兼ね備えたものになっており、家の外壁や、店舗のディスプレイの棚など、様々な用途で活躍しております。

型枠制作から突き作業

なんと行っても、版築の魅力は自然な風合いにありますが、魅力は見た目だけじゃありません。多孔質である版築は、通気性に優れてるので、室内に使用すると温度の調節から空気を綺麗にする働きまでしてくれるすぐれものです。

お見積り無料です

社長

作業内容や現場の近隣の状況により価格が変わってきます。メールやお電話でも概算のお見積りを出すことはできますが、正確なお見積りの提出には、現場(お庭、店舗、施設)を拝見させて頂いてからになりますのでご了承ください。ご連絡頂いた際、私共から催促や営業することはありませんので、安心してご相談ください。

お見積りお待ちしてます。ご相談はお気軽に!

(unir coffee)ウニール珈琲長岡京本店 版築のディスプレイ棚

施工データ
  • 【住所】長岡京市今里
  • 【施行日】平成29年9月2日〜9月5日
  • 【内容】版築
ウニール店の版築棚
ご依頼経緯
ウニールコーヒー長岡京市本店の店長様より、自然由来の商品を飾る、商品の魅力を引き立てるディスプレイ棚を制作してほしいとご相談を受けました。版築のディスプレイ棚をご提案させて頂きました。
作業前

作業前

作業後

作業後

建築業を営む妻の兄弟にも手伝ってもらい制作した、版築のディスプレイ棚です。私も初の試みだった、コーヒー豆を配合した版築です。

型枠の骨組み

型枠の骨組み

型枠の設置

型枠の設置

型枠の骨組みの設置作業です。ここに土類、セメントなどを混ぜ合わせた、版築の元となる原料を入れていきます。

突き固め

型枠の設置

コーヒー豆の投入

ウニールのコーヒー豆を原料に配合

版築の原料を投入し、突き固める作業です。原料は一度に全て作るのではなく、階層毎にグラデーションを想像しながら、必要な分量を作っていきます。今回はウニールコーヒー店の豆を原料に混ぜます。版築にコーヒー豆をブレンドする、もしかすると世界初の試みだったのかもしれません。

ウニール店スタッフもお手伝い

ウニール本店のスタッフの方もお手伝い

記念撮影

記念撮影

ウニール本店のスタッフも、突き固めの作業を手伝ってくれました。おかげさまで順調に作業も進み、版築の完成です。あとは棚を設置するだけですので、一息ついて記念撮影。

版築の完成

版築の完成

版築棚の完成

版築棚の完成

版築棚の完成です!版築から気のせいか珈琲豆の香ばしい香りがするようなしないような…。ちなみに「ウニール珈琲 長岡京本店」は、コーヒーだけじゃなく、スイーツやランチもありますし、テイクアウトもできます。是非一度行かれてみてください。コーヒー好きの方にウニールのドリップバッグをプレゼントすると喜ばれますよ。

梅野

ウニール珈琲長岡京本店様、
版築棚の制作のご依頼を頂き誠にありがとうございました。
代表:梅野

© 2020 UMEBACHIEN inc.
梅鉢園にお問い合わせ。お電話のお問い合わせは私が承ります。